珍しいバイト

アドバルーンの監視

いろいろな高収入のアルバイトがありますが、アドバルーンの監視員と言うのも一つです。
アドバルーンの監視員、まるで私達は、ただ空をぼけっと見上げていればOKという非常に楽なアルバイトというイメージを持つかもしれません。

そのようなイメージがあるから、多くの楽をして高額を稼ぎたいと言う人たちの一時期注目の的になっていたようです。
デパートの屋上でフワフワと気楽な感じで揺れているアドバルーンです。
アルバイトで相手にしなければならないのは、そのアドバルーンだけなので、本当に何かのどかで、高齢者でも気軽に出来る仕事にみえます。

アドバルーンの監視員って本当に楽な仕事?

アドバルーンの監視員がそれ程まで楽な仕事なら、そもそも高額のアルバイトと言うのが不思議と言う感じもしないではありません。
私達はただイメージで捉えているだけですが、アドバルーンを監視するというアルバイトはイメージ通りでしょうか。
 
実際にアドバルーンの監視員のアルバイトは結構危険なアルバイトのようです。
だから高額なのです。
天気のいい日、呑気な感じでアドバルーンが揺れていると言うこともあるでしょうが、天気は、晴れの風のない日だけと言うことではありません。

アドバルーンも頑張って耐える日があり、アドバルーンの監視員も頑張ってアドバルーンを監視し続けていかなければなりません。
天気によってはアドバルーンは危険な凶器と化す場合もあります。
アドバルーンは、現状に維持するために結構体力も使用しなければならない時があるようです。

しかし、実際にアドバルーンの監視員が楽か楽でないかと言うのは、そのような厳しい状況はほとんど稀であり、天気のいい日にプカプカとアドバルーンが浮かんでいるのをただ監視していればいいいというケースは多く、楽なアルバイトであることに間違いはないです。
そもそもそのようなアルバイトの存在自体知らず、裏バイトとでも思っている人たちもいるのではないでしょうか。
しかし、これは裏バイトでもなく、普通のアルバイトとして存在しています。

本当にアドバルーンの監視員のアルバイトってあるのか?

実際に町中で段々とみなさんもアドバルーン自体を見るケースが少なくなってしまったのではないでしょうか。
現在、アドバルーンのアルバイトが減少していると言うのも事実です。

実際にはプカプカとデパートの屋上でアドバルーンが揺られている光景もあまり見なくなってしまいました。
しかし、遊園地などアドバルーンは時々あがっているようですが、そのような時、職場関係の身内や、友人関係などでほぼ採用が決まってしまうという傾向があるようです。
アドバルーンのアルバイトは実際に高額のアルバイトであることは事実ですが、時代の波に押し流されつつあることは否定出来ません。