「中の人」の仕事

遊園地やデパートなど、意外に多くの場所で必要とされているのが「着ぐるみ」です。
最近はゆるキャラ人気もあって、着ぐるみの中の人の仕事の需要というのが向上してきているといえるでしょう。
この着ぐるみの仕事も実は報酬が高い短期アルバイトの一つとなります。

では、着ぐるみのアルバイトをするにあたってどのような人に適正があるのでしょうか?
まず一つのポイントとして、メインターゲットが子供となるため、子供に対して夢を与えることが出来る人、ということになります。
着ぐるみは仕事であるものの、仕事だと割りきって出来るタイプの仕事とは少々違っています。

子供に喜んでもらえるように積極的に動く必要がありますし、どうすると喜んでもらえるのか、とういことを考えることも必要となるでしょう。
同時に、クライアント側がどのようなキャラ作りを求めているのか、ということを理解しくみとることも重要になります。
その両方を考えて活動することが出来ることが、着ぐるみのアルバイトの適正となります。

もう一つ、当然ながら体力が必要になります。
外からみていて分かる様に、着ぐるみというのは体力仕事です。
重い着ぐるみを着ながら動きまわらなければなりませんし、時には暑い中で仕事をしなければならないこともあり、急激に体力を削られることになりますので、その自信がある人でなければ勤まらないでしょう。

そのため、着ぐるみのアルバイトの求人は体育大学のような体力がある人が多い場所に出されている事が多いようです。
そうでない場所ではあまり見かけない求人でもあるため、どうしても着ぐるみのアルバイトをしたいと考えるのであれば、そういった求人の出る場所の人とコネクションを作って連絡を代行してもらう、といったような処置を考える必要があるでしょう。

着ぐるみの報酬や待遇

では、着ぐるみの仕事の報酬や待遇についても見ていきましょう。
着ぐるみの報酬は時給や月給制度ではなく、多くの場合日給制度となっています。
一日あたりの報酬は勿論職場によっても違いますが、大体5000円から12000円前後が一般的です。(ただし、10000円超えるものは比較的稀です)

また、仕事内容もやはり場所によって違いがあります。
というのも、マスコットキャラクターのようにほぼ動かずにいても良い着ぐるみの仕事もあれば、ヒーローショーを行なうようなアクションもできなければならない仕事もあるためです。
報酬が高くなるのは当然後者の方の着ぐるみですが、そちらの場合リハーサルなども厳しく、仕事としては厳しい内容になることが多いでしょう。

さらに、着ぐるみによっては身長指定があることも有るので注意が必要です。